【4方】

1.多くの

使用一類形容詞“多い”表示人多時,不能使用“多い人”的説法,而應使用“多くの人”,因為“多い人”的説法不符合日語的表達習慣(初級第9課)。同樣,將一類形容詞詞尾“い”變為“く”再加“の”的用法還有“遠い→遠くの”,“近い→近くの”等。另外,“少ない”需要變為“少しの”。其他的一類形容詞一律直接後續名詞,如“赤い服”。

△中國語の「名字」は、多くの場合、姓と名の両方を指します。
(漢語裏的“名字”多指姓和名。)
△近くのお寺まで散歩に出かけました。
(去附近的寺廟散步了。)

2.場合

“場合”表示狀況、情況或事態等意義,接在小句的最後,有連接前後句子內容的功能,接續形式為“名詞+の場合”“二類形容詞+な場合”“小句(簡體形式)+場合”。使用“~場合(は)”還可以表示假定條件,其意義與“~ば、~”(初級第37課)相同,是比較正式的表達方式。此外,“場合”還可以作為名詞單獨使用,如“場合によっては~”。
△中國語の「名字」は、多くの場合、姓と名の両方を指します。
△ボタンを押しても切符が出ない場合、駅員を呼んでください。
(如果按鍵後不出車票,請找車站工作人員。)
△都合が悪い場合は知らせてください。
(沒時間的話,請告訴我。)
△平日は7時に閉店しますが、場合によっては9時まで営業することもあります。
(平時7點關門,有時也營業到9點。)

3.明治時代

指1868年至1912年這段時期。“明治”和“昭和”“平成”等,都是對當時年代的命名,叫做“年號”。在實行“象徵天皇制”的日本,年號表示一位天皇的在位期間。在位時期結束,再過一定時間之後就會被稱作“”。2007年的年號是“平成”,但是不稱作“×平成時代”。平成之前的“昭和”也不稱作“昭和時代”,只是從“大正時代(1912年~1926年)”往前才冠以“時代”這種稱呼。在“明治時代”,以武士為中心的封建時代結束,開始了日本的近代化進程。這一時期,各種法律得以推行和完善。為了登記新户口,此前只允許特權階級使用的姓氏也成為了平民百姓必須使用的東西,如此種種,發生了許多社會制度上的變化。

4.~わけにはいきません

“動詞(基本型/ない型)+わけにはいきません”表示依據社會常識或經驗等來看是不可能的事情。與表示不可能的“~することができない”不同,“~することができない”表示“沒有……的能力”,而“~わけにはいきません”表示該行為是自己不能選擇的。否定形式“~ないわけにはいきません”表示“必然的義務”。
△名字をつけないわけにはいきません。
(不能沒有姓氏。)
△ここであきらめるわけにはいきません。
(不能在這時候放棄。)
△來週受験なので風邪引くわけにはいきません。
(下週要考試了,所以現在不能感冒。)類似的表達方式還有“~わけにもいきません”,意思是“也可以考慮選擇……,但從常識看來很困難”。與“~わけにはいきません”相比,否定的語氣較弱。另外,二者都不能前接過去形式。△質問がたくさんあっても、無視するわけにもいかないので、きちんと答えています。
(即使問題很多也一個都不能忽視,都做了認真的回答。)
△お金は足りませんが、予算を増やすわけにもいきません。
[含有雖想那樣做但不能做到的心情](資金雖然不足,但增加預算又是不可能的。)
△お金は足りませんが、予算を増やすわけにはいきません。
(資金雖然不足,但無法增加預算。)

5.謂語表示原因或理由的表達方式[倒裝句①]

説明原因、理由時,若不強調結果,而是把重點放在原因、理由上,這時要將表示原因、理由的部分作為謂語。
△多くの人が、地名や地形から名字をつけました。自然と関係する漢字が多いのは、そのためです。
(很多人依據地名、地形取姓氏。與自然有關的漢字十分普遍,正是因為這個緣故。)
△彼が夜間學校をやめたのは、仕事が忙しくなったためです。
(他從夜校退學,是因為工作忙了。)△彼は仕事が忙しくなったため、夜間學校をやめました。
(他由於工作變忙了而從夜校退了學。)①和②表示的意思幾乎完全一樣,但句子的側重點不同。②的重點在“學校をやめました(退學)”這個結果。而①的重點則在“仕事が忙しくなったため”這個原因上。

6.~といわれています

陳述人們對某事物普遍持有的某種看法,時,使用“小句(簡體形式)+といわれています”或“小句(簡體形式)+と考えられています”的表達方式。這種表達方式在日語中很常用,“表示並非説話人的主觀判斷,而是一種普遍常識”。
△日本で最も多い「佐藤」や「鈴木」は、昔の武士の名字や、地名からつけられた名字だといわれています。
(人們通常認為,在日本最多的“佐藤”“鈴木”是舊時武士的姓氏,或者來自於地名。)
△正しい敬語を使える人は本當に少ないといわれています。
(人們普遍認為能夠正確使用敬語的人非常少。)
△日本の人口は減っていくと考えられています。
(一般認為日本的人口會不斷減少。)
需要注意的是,這種表達方式只用於一般常識,而不能用於陳述特定的事情。
×田中さんは明日休むといわれています。

7.數值表達方式總結

數值表達方式包括概數表達方式,比基數或預想值大或小的表達方式等。概數表達方式中,具代表性的有“約~”“ほぼ~”“だいたい~”“~程度”“~ほど”“~ぐらい”。“約~”“ほぼ~”“だいたい~”後續數量詞,而“~程度”“~ほど”“~ぐらい”前接數量詞。有時還使用組合表達形式,如“だいたい~ほど”。“~以上”表示大於該數值(含該數值)的範圍;“~以下”表示小於該數值(含該數值)的範圍。
表示比基數或預想值大或小的表達方式。其中,“~近く”表示未達到該數值但接近該數值;“~を超える”表示超過該數值;“~を上回る”與“~を超える”意思相同,而“~を下回る”正好相反。
△日本人の名字の種類は、30萬近くあります。
(日本人的姓氏有將近30萬個。)
△その數は160萬を超えています。
(其數量超過160萬。)
△一方、最も少ないのが韓國で300程度しかありません。また、世界でいちばん人數の多い姓は「李」で、約1億人いるそうです。
(另一方面,姓氏最少的是韓國,僅有300個左右。此外,全世界人數最多的姓氏是“李”,據説約有1億人。)

8.それでも

“それでも”是連詞,表示暫且認可前句的內容,然後陳述與前句不相符的情況,相當於漢語的“儘管如此”“即使那樣”。課文中用“30萬近くあります”説明其數量之大,隨即又説明儘管如此,出乎意外的是這個數量還不是世界第一,只是世界第二。
△日本人の名字の種類は、30萬近くあります。それでも世界の第2位です。
(日本人的姓氏有將近30萬個。即使那樣還只是世界第2位。)
△父親が病気で亡くなりました。それでも彼はアルバイトをして大學を卒業しました。(他父親因病去世了。儘管如此,他打工掙錢完成了大學學業。)

9.一方

“一方”用於句首,表明所述內容與前述內容是對立或對比關係。
△第1位は多民族國家のアメリカで、その數は160萬を超えています。一方、最も少ないのが韓國で300程度しかありません。
(居第1位的是多民族國家美國,其數量超過160萬。另一方面,姓氏最少的是韓國,僅有300個左右。)
△A社の業績はとてもいいです。一方、B社の業績はあまりよくありません。
(A公司的業績非常好,而B公司的業績就不是很好了。)

新標準日語在線學系列文章請點擊>>